テーマ:坂の上の雲

坂の上の雲 (追加)

NHKの公式ホームページを見ていて、気がついたのですが、昨年亡くなった祖母が生まれた年に秋山真之が亡くなり、秋山好古が亡くなった年が祖母12歳。 そして、それから14年後に母が生まれている。 こうやってみてみると、最近なんですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (13)

前回、前代未聞と称される東郷ターンで終わったわけですが、今回は日本海海戦のクライマックスです。 この日本海海戦に先立ち、東郷平八郎、秋山真之らは有名な丁字戦法と、もう一つ奇襲隊戦法を考えていたとされています。 奇襲隊戦法とは、駆逐艦や水雷艇が敵艦に肉迫し新開発の連携機雷を敵艦隊の前方から包み込むように設置し敵艦隊の足を止めることを目…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (12)

二百三高地が終わり、今回は奉天会戦。 まずは、奉天会戦の前に黒溝台会戦という小さな会戦です。 旅順を離れた第三軍が日本軍の主力に合流する前に、ロシア軍が日本軍を少しでも叩いておこうという意図の元に行われたものです。 ドラマでは永沼挺身隊が偵察に出て、ロシア騎兵の攻勢を見つけます。 しかし、満州軍総司令部はその報告を受けても、無視…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (11)

前回の最後、旅順の第三軍による第二回総攻撃が失敗し、第三回総攻撃から始まります。 1904年11月26日ですが、これは第二回総攻撃と異なり地下道を掘っていくつかのロシア軍の永久土塁の一部を攻略していたため、実施できました。 ドラマでも坑道を抜けて攻撃を行っていましたが、これはこのことを表しているのでしょう。 しかし、第三回総攻撃は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (10)

前回、といっても一年前ですが、日露戦争が開戦してまもなく、ロシアの旅順艦隊を封じ込めるべく、旅順港封鎖作戦を実施しましたが、失敗。 広瀬中佐も戦死したところで終わりました。 あれ?旅順艦隊のマカロフ提督って死んだっけ? ともかく、戦争はまだまだ序盤。 今回はその続き、といっても一気に時間は進みます。 1904年7月、ドラマは旅…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (9)

ずいぶんと遅くなりましたが、久々に書きます。 前回の最後、明治31年、西暦1904年2月5日に、長崎県佐世保の連合艦隊司令部に命令書を携えた山下源太郎大佐が到着し、同日17時に命令書開封の電報が届きます。 命令書は開封され、連合艦隊はついにロシア艦隊と戦うべく出港することになりました。 この時点では、連合艦隊は戦艦六隻を含む総トン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (6)

今日から坂の上の雲の第二部開始です。 とはいえ、BS Hiの先行放送は先週開始でしたので、龍馬伝を見た後そのまま見てました。 先行放送は地上波と違い、5.1chサラウンド放送なんで、ついついそちらで見てしまうのです。 さて、今回は日英同盟。 あ、そうそう、私は坂の上の雲は未読です。 久しぶりの第二部は北清事変から始まります。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (5)

今回は、日清戦争後に駐在武官として秋山真之が世界へ出て行き、一方正岡子規が庭という世界で俳句を極めていくというものでした。 しかし、正岡子規は子規庵の庭で本当に極めようとしたのでしょうか? 歩いた日本の風景や庭の生き物から俳句を作ることができる気持ちというものもあるでしょうが、淳さんが世界に出て行っているのを病床で眺めるしかない自分…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (4)

日清戦争の回です。 これまでの回が時系列的に話を進めていたのに、今回は秋山好古、秋山真之兄弟に正岡子規を均等に描くことで、時系列をなぞりつつも、日清戦争が今後の人生を分けていくようで、見応えありました。 それにしても、この戦争はなんだったと子規に聞かれて、「維新と文明開化の輸出と押し売り」と答える森鴎外の一言がいいですね。 確かに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (3)

今回は日清戦争前夜のことで、色々なことの胎動を始めるときにもなります。 「篤姫」の主要人物の多くはこの世の人ではなく、グラバー邸での一シーンにだけ登場した若い伊藤博文が、歳をとって総理大臣として内閣の長になっている時代です。 多くの若い人にとって、すでに幕末は遠い時代の事になっているでしょう。 しかし、伊藤ら指導層は未だに若き頃の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (2)

じゅんさんこと秋山真之が海軍兵学校に入校をするまでを描いた今回は、前回ほどのインパクトはありませんでした。 初回に比べたら、そりゃ、そうです。 しかし、学生のエネルギーは古今東西、変わらないもんですねぇ。 しんさんが、のぼさんこと、正岡子規の居眠り姿を壁に型取りするところは爆笑。 野球の解説もきちんと入ってましたね。当時はグロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 (1)

画面から、躍動感というか、エネルギーを感じるドラマでした。 役者の熱演もあり、明治の新しい時代の活気というのがあったとしたら、きっとこうであったであろう、という画作りをしていて、私には見ていて活力をもらうようなドラマになってました。 子供たちが走り回る序盤のシーンがそのまま、第一回目のシーンをひっぱていく原動力になっています。 子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more