Windows 10 IoT CoreとPN7150 (NFC)

久しぶりの投稿です。 Raspberry PI 3でFelicaを読ませようとすると、普通はPasori RC-S380を使うことが多いと思います。 しかし、この場合OSをRasbianにするしかありません。Rasbianなら専用のドライバーは不要で、usbのライブラリとpythonがあれば、Felicaを読めるからです。 一方、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JetBrains 0xDBE EAP版ファーストインプレッション

これまで数多くのDBAツール、つまりデータベース管理ソフトが生まれてきたかと思います。 たぶん目的に合わせて色々と使われているかと思いますが、ここでは私個人がメインで扱うことが多い、OracleのDBAツールを見てみることにします。 DBAツールと言いますが、ストアドが扱えるソフトの場合は、DB開発環境と呼んでいる場合もあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍師官兵衛 (4)

前回の序盤が予告通りのおたつが襲撃で亡くなり、立ち直るための堺旅行へと向かった黒田官兵衛くんでした。 ほんとに前回もほとんど荒木村重紹介の回でした。 今回もオープニングがまだおたつを引きずったままの官兵衛でしたが、色々あって櫛橋左京亮の次女の光と結婚いたしました。 ドラマの中では光を「てる」と呼んでおりましたが、撮影が開始されてか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍師官兵衛 (2)

軍師官兵衛、一日遅れの感想です。 前回の最後で元服した黒田官兵衛が、初陣、そして定番の苦い思い出の初恋編です。 さて、官兵衛の初陣は、前回の引き続きの因縁のある赤松との戦いでした。 実際の初陣はどうだったのかというと、近隣の土豪との戦いということらしいのですが、これが赤松氏との戦いかどうかは分かりません。 そこは、わかりやすく大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍師官兵衛 (1)

昨年の「八重の桜」は、Twitterで呟いていましたが、ブログは途中で挫折。 改めて、再開することにいたしました。 とはいえ、Twitterの方とかぶらないように、書いていくことにいたします。 さて、今回は黒田官兵衛の幼少期でした。 初回が幼少期なのはここ最近の大河ではよくあること。無かったのは「風林火山」くらい? さて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜 (30)

まだ会津編は終わっていなかったんですね。 開城から半年。 八重ちゃんたちは、米沢へ尚之助様の弟子の縁を頼って移り住んでおりました。 食い扶持を稼ぐためにみねちゃんと反物を行商する毎日。 屋敷の一角に住まわせてもらっている上に色々と気を遣ってもらって暮らしてはいるものの、やっぱり武士の家のプライドがあるのか、変に気を遣われてると傷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜 (29)

もう会津戦争も終盤。 冬まで時間を稼ぐつもりであった会津藩首脳陣。ちなみにドラマ中は太陽暦にしたら10月なのでその作戦も有りなのかもしれませんが、新政府軍側の補給は潤沢で、その作戦をとても実施できるとは思えません。 そもそも、会津藩はもともと備蓄が足りない上に食糧や弾薬を籠城に備えて移動させていなかったミスを犯しています。 しかも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more