Seasar Conference 2009に参加中(1)

Seasar2にも、認定試験制度ができるようだ。
開始時期、受験料が決まるのはまだ先のようです。
問題例もでていたけれど、個人的な感想としては問題の難易度が問題によってずいぶんと違うことになりそうです。
採点系の開発をやった経験から言うと、問題の難易度はどの問題でも同じぐらいにするには、多くの人数を受験させて、最低限は選択肢別の回答数を調査する必要がありますね。つまり、悪い問題を排除していく必要があるわけです。
ま、すぐ始まるわけではないし、このあたりにしときます。

Seasar.NET版の認定試験制度は今の余力じゃ、無理かなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック