篤姫 (29)

今回、落飾の儀が行われて「天璋院」篤姫になりました。
当時はわからんとはいえ、夏場に急激に悪化する脚気を責められても篤姫さまはかわいそうです。
そういえば、前回は家定さんの死因を脚気衝心とは言ってませんでしたね。なので、どういう死因にするんだろうと思ってました。
その脚気は足のむくみ、心不全を併発します。
でも、今回、明言したので振り返ってみると、そういえば何度か心臓のあたりを抑えていました。
芸が細かい(w

脚気はビタミンB1欠乏症です。
有名な話ですが、江戸時代後半、つまりこの頃になると江戸は白米中心の生活になるので脚気が蔓延していきます。
でも、ちょっと田舎に行けば玄米、麦飯の生活になるので、田舎に戻ると脚気が治ったという話です。
まぁ、将軍様は普及とは関係なく、白米を食ってましたから脚気は当然でしょう。
実際、次の将軍の家茂さん、和宮さんも死因は脚気です。

一方で、水戸藩への詔勅が行われました。
西郷さんに手紙を渡して、次回へ続くのかと思えば、詔勅を渡されるところまで一気に。それも解説付き。
ナレーションで安政の大獄の引き金と言ってましたが、すでに始まっているのでは?
前回の松平春嶽公ほかの蟄居で始まっていると思うのですが。
どちらにしても、詔勅事件は色々な引き金を引くことにはなります。
なんせ、前例のない大事件ですからね。
幕府の専権事項である政治・外交を朝廷が犯した上で、幕府の頭上を通過して水戸藩に命令しているわけです。
なぜ水戸藩かといえば、数多くの藩の中でも影響力のある上に、昔から幕府より朝廷という尊皇をモットーとしているからです。
その尊皇の家風は、水戸黄門こと光圀公が作りました。
やはりこの遠因は光圀公ですな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN15「Cの世界」【感想】

    Excerpt: CCが記憶を失ってしまいました。 今回も情報量が多すぎて、てんてこまいです。 皇帝と対峙したルルーシュ。 皇帝もギアス持ちなので直接�... Weblog: 失われた何か racked: 2008-07-20 22:11
  • 篤姫 第29回「天璋院篤姫」

    Excerpt: 第13代将軍家定がなくなり、少しずつ安定期を抜けて様々なことが動き出しそうな、そんなイントロダクションという感じの放送でしたね。 家定が亡くなったことを、伝えてあげないと行... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-07-20 23:12