篤姫 (23)

今回もあんまり感想らしい感想はないけど、水戸の斉昭公も幕政から退きました。あっさり、政務参与をやめてしまった。で、ドラマでは終わりましたが、「新・風雲児たち」によるとこんなことは日常茶飯事だったそうです。
堀田正睦がだめなところは、阿部正弘はこんなことが起きるたびにまぁまぁとフォローしていましたが、そんなことをする気がありません。
ドラマでも戸惑うだけでしたね。

一方で、次期将軍を巡って品定めが行われましたが、しかし、あいかわらず阿部正弘や島津斉彬ら一橋派と井伊直弼ら南紀派が対立している理由がドラマではあまり見えませんね。
一橋派はこれまで幕政へ参加できなかった親藩や外様大名が中心であり、阿部正弘が国難を前にして幕政に身分・立場を問わず、参加させようというのが背景です。
南紀派は井伊直弼ら譜代大名が中心で、親藩や外様が幕政に参加させると幕府が崩壊すると考える一派です。
一橋派が推すのが一橋慶喜で、南紀派が徳川慶福なわけです。
ドラマでは、斉彬の命で一橋慶喜を推す篤姫は慶喜と会うと不安に思うのですが、そりゃそうです。前回も言っていたとおり将軍になったらババを引くと思っているからです。
これからもなにかと問題を起こす人です(将軍を継承時のごたごたとか。「新選組!」でもやってましたね)。
大河でも、以前に登場人物がこの背景を語っているのですが、つい忘れてしまうんですよね。バラバラに語っていたりするし。
長い連続ものの欠点ですよね。
前回を見逃すと、今回慶喜のやる気がない理由がよくわからない(^ ^)

次回は篤姫と本寿院が激突しそうです。と、いうより一方的に本寿院がつっかかりそうだけど。
しかし、本寿院ってかわいいおばさんだねぇ。
篤姫の晩年の頃に、湯治に出かけて篤姫に、寂しいから早く帰ってきておくれという本寿院が出した手紙を、天璋院篤姫展で見ちゃうとよけいにおもえてしまいます。
というか、そんなに長生きするんだね、このおばさん。
お、ということは仲直りするんじゃん、この二人。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 篤姫

    Excerpt: 篤姫に関する記事が載っている日記をあつめています。 Weblog: 篤姫 racked: 2008-06-10 14:11
  • 篤姫・第23話

    Excerpt: 「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る ただいま⇒バレーボール世界最終予選中ですが、こちらも(あっつーも)目が離せない状況になってきました・・・.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-06-10 15:19
  • 一方を聞いて沙汰するな!!

    Excerpt: 亡くなった老中・阿部正弘に続き水戸斉昭までが幕政から離 れた為、篤姫は四面楚歌状態ですね{/cat_3/} これで、一橋慶喜を次期将軍にするのは絶望的になりました{/kaeru_shock1/} どう.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-06-10 21:43