FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 (1)

<<   作成日時 : 2012/01/08 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

思った以上に面白かったですね。
久しぶりに、ドキドキしながら見てました。
「龍馬伝」に始まったよごしの技術もずいぶんとこなれてきています。
やっぱりコンスターチをめいっぱい使っているし。
さて、「平清盛」は、清盛の父が白河院説を採用しているのですが、実際に白河院に使えていた女性だと言うことまではわかっているそうですが、その素性はわかっていないそうです。
以前は松田聖子が演じていた祇園女御だという説もあったり、その祇園女御の妹だという説もあったり。
今回はそれらをうまくまとめて、今回のストーリーを使った感じで、好感が持てます。
ま、一年前もそう言っていましたがwww
この頃の歴史、特に敗者である平氏の記録はそう多くは残っていません。
そういう意味では、創作の余地は大いにあります。
わかっている史実をつないでいって、生き生きとしたドラマが完成すると思います。
そんなことが期待できるオープニングであったと思います。

今回のストーリーは清盛の出生、そしてその秘密を清盛本人が知るまでです。
その過程で、母親の舞子がなんと白河法皇に殺されるわけですが、そのシーンが今回はすごかったです。
オープニングの盗賊を撃滅するシーンがありますが、あれもまず弓矢の射撃で始まります。
つまり、弓矢が戦闘の主兵器になる描写が期待できそうです。
当時も刀剣が戦闘の結果を決めることは少なく、主要な死因である割合は低いそうです。
投石も含めた射出武器によって戦闘の勝敗は決まることが多かったわけです。
今でもそうですが、白河法皇を襲おうとした舞子を止めるのに射殺すると思います。
舞子を刀剣武器で止めるのは間に合わない可能性もありますし。
それにしても、確かに、即死しそうな矢の太さでした。
また、あの矢の太さを使っていながら、何本もくらって即死しないのも不思議な気もするので、即死させているのにもすばらしい演出と思ってしまいました。
もっとも舞子がこれで退場なのはとても残念なのですが。

ところで、今回の大河はチーフディレクタが柴田岳志さんなのね。
だから、フォントや雰囲気が「坂の上の雲」に似た感じがするんですね。
また、「ちりとてちん」の藤本有紀さんなので、これからも期待して見ていきたいともいます。
もう一回みたいな、「ちりとてちん」。
そんな時間はありませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平清盛 第1回「ふたりの父」
ついに始まりました平清盛。自分にとってこの時代は壇ノ浦の戦いで平家が源氏に滅ぼされ、貴族のような存在というイメージしかありませんでした。確かにそのイメージ通り、物語の出だしはそのシーンから始まります。岡田将生さん演じる源頼朝が北条政子から壇ノ浦の戦いで平家が滅ぼされることを報告されつつも、頼朝は清盛の存在を「彼がいたから武士の今がある」と語ります。これ以降、物語全般は頼朝の目から見た構成となっていくことがわかります。 ドラマのオープニング曲は、まだ耳慣れないせいか旋律を把握することができず、全体... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/01/08 22:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平清盛 (1) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる