アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
FujiiHの部屋
ブログ紹介
職業プログラマー兼SE、たまに兼PM。
PMP。
S2DAO.NET、S2Container.NETのコミッタです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
JetBrains 0xDBE EAP版ファーストインプレッション
JetBrains 0xDBE EAP版ファーストインプレッション これまで数多くのDBAツール、つまりデータベース管理ソフトが生まれてきたかと思います。 たぶん目的に合わせて色々と使われているかと思いますが、ここでは私個人がメインで扱うことが多い、OracleのDBAツールを見てみることにします。 DBAツールと言いますが、ストアドが扱えるソフトの場合は、DB開発環境と呼んでいる場合もあります。 Oracleが扱える日本製ソフトでは、SI ObjectBrowserなんかが有名ですし、個人的にはOracle SQLDeveloperを使ったりしています。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/22 15:50
軍師官兵衛 (4)
前回の序盤が予告通りのおたつが襲撃で亡くなり、立ち直るための堺旅行へと向かった黒田官兵衛くんでした。 ほんとに前回もほとんど荒木村重紹介の回でした。 今回もオープニングがまだおたつを引きずったままの官兵衛でしたが、色々あって櫛橋左京亮の次女の光と結婚いたしました。 ドラマの中では光を「てる」と呼んでおりましたが、撮影が開始されてから実は「みつ」じゃないか、という説が浮上してニュースになっていました。 撮影が始まっていたので今更呼び名を変更することも出来ないと思いますが、こういうことはよく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/26 23:23
軍師官兵衛 (2)
軍師官兵衛、一日遅れの感想です。 前回の最後で元服した黒田官兵衛が、初陣、そして定番の苦い思い出の初恋編です。 さて、官兵衛の初陣は、前回の引き続きの因縁のある赤松との戦いでした。 実際の初陣はどうだったのかというと、近隣の土豪との戦いということらしいのですが、これが赤松氏との戦いかどうかは分かりません。 そこは、わかりやすく大河補正が入ったのでしょう。 ドラマでは初陣の官兵衛は、最初主君の小寺政職の近習として側にいましたが、さっぱり戦の様子がわからない政職に、土地勘のある自分を物見に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/13 23:57
軍師官兵衛 (1)
昨年の「八重の桜」は、Twitterで呟いていましたが、ブログは途中で挫折。 改めて、再開することにいたしました。 とはいえ、Twitterの方とかぶらないように、書いていくことにいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/05 23:56
八重の桜 (30)
まだ会津編は終わっていなかったんですね。 開城から半年。 八重ちゃんたちは、米沢へ尚之助様の弟子の縁を頼って移り住んでおりました。 食い扶持を稼ぐためにみねちゃんと反物を行商する毎日。 屋敷の一角に住まわせてもらっている上に色々と気を遣ってもらって暮らしてはいるものの、やっぱり武士の家のプライドがあるのか、変に気を遣われてると傷つくようです。 桶で反物に染めているうらさんの手がイライラと… 武士も内職が当たり前のこの時代、染め物をするのが嫌なわけでは無いと思います。 一方でまだ半年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/28 23:47
八重の桜 (29)
もう会津戦争も終盤。 冬まで時間を稼ぐつもりであった会津藩首脳陣。ちなみにドラマ中は太陽暦にしたら10月なのでその作戦も有りなのかもしれませんが、新政府軍側の補給は潤沢で、その作戦をとても実施できるとは思えません。 そもそも、会津藩はもともと備蓄が足りない上に食糧や弾薬を籠城に備えて移動させていなかったミスを犯しています。 しかも、早く城内に移動させるべしと上奏してきた下級藩士の意見を却下する始末。 そのツケが今まわってきています。 今回の時点では包囲網は完成しており、弾薬はおろか食糧... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/21 21:36
八重の桜 (28)
今回も色々ありましたが、今回の驚きは、冒頭の出て行く頼母を八重ちゃんが見送るシーン以外、アレンジが入っても史実であるということです。 冒頭でついに西郷頼母が去って行きました。 家老の梶原平馬に命を狙われていた、という話もあります。 ドラマの中では恭順姿勢を貫こうとしておりましたが、劇中でもそのまま函館まで行った、と言っておりました。 つまり五稜郭まで新政府軍に抵抗しているわけです。 もっとも史実の西郷頼母は、他にも色々あり、五稜郭でもほとんど何もしなかったということらしいので、その心の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/14 23:54

続きを見る

トップへ

月別リンク

FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる