FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・パシフィック (10) 3

<<   作成日時 : 2010/09/20 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最後になります。
ユージーン・スレッジの本は、以前は割愛されていたペリリュー戦を加えた形で邦訳が出ていましたが、このドラマの原作の著者であるロバート・レッキーのほうは邦訳されていません。
いずれ出ると良いですがなんせ1957年の出版ですから、原著も入手するのも大変でしょう。
しかし、この本の中に、ロバート・レッキーが出て来ます。

ユーザレビュー:
ペリリュー島戦記の決 ...
まさに地獄の戦場米海 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペリリュー島戦記―珊瑚礁の小島で海兵隊員が見た真実の恐怖 (光人社NF文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


おそらく、著者はロバート・レッキーの登場するところは、彼の著書をもとに書いているのでしょう。
ユージーン・スレッジの本に載っていたようなことも引用されていたので、たぶんそうだろうと思います。

しかし、それ以上に、ユージーン・スレッジの本が当事者であるため現場の兵士の視点でどうしても書いてしまうのとは対照的に、こちらはペリリュー戦の全体像をまとめています。
分量が多いので、さっと読むには大変ですが、全体像を知るには良い本でしょう。
ただ、日本側からの記載は少なめのなので、それは他の本で補ってください。

というわけで、ザ・パシフィックを見るのに参考にした本を紹介しました。
重火器に関しては、色々な本から得た知識の積み重ねで書いたので、残念ながらこれと言った本はありません。

ユーザレビュー:
あくまで図解同社の武 ...
絵の資料には不向き図 ...
読みやすく、わかりや ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 図解 ヘビーアームズ (F-Files No.017) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この本はここの重火器の解説はありませんが、一般論として読むには面白いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ザ・パシフィック (10) 3 FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる