FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝 (34)

<<   作成日時 : 2010/08/22 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オープニングの登場の上野彦馬。「彦馬がいく」でも有名ですね。
どうしても「彦馬がいく」のイメージなので、テリー伊藤というのは意外な感じがしました。
しかも、ちゃっかり、近藤長次郎のWikipediaにも出てる有名な写真もしっかり撮っているし。
さて、「侍、長次郎」というタイトルどおり、今回は近藤長次郎の事件です。

ほんと、運命というか、神のいたずらというか、長次郎が密航しようとした晩に嵐が来なかったら、維新後彼はにどう化けていたのか、気になります。
岩崎弥太郎よりも近藤長次郎の名前の方が有名になったかもしれませんよね。
しかし、長次郎がほんとにキレるのがわかりますね。
ユニオン号の件では色々とがんばったし、龍馬さんを始め好き放題し放題の亀山社中の面々の裏方としてがんばっているのに、未だに饅頭屋よばわり。
寅之助くんがついにせ侍とよんでましたが、元々侍の人のなかなか気持ちは変わるもんじゃないでしょう。
後の海援隊の中でも討幕派と佐幕派がいたそうですが、そのときも問題になったそうです(そのときは龍馬さんが問題視しなかった)。
ドラマでは亀山社中の面々が泣いていましたが、実際には長次郎くんに詰腹を斬らしたのは亀山社中の面々と言われています。
その原因となった金は長州から個人的にもらった金だし(まぁ金額はべらぼうだけど)、使い道は自由なはずです。
金の件を亀山社中の面々に責められて、その上、夢であった渡英も失敗したので、さらににせ侍よばわりで絶望した長次郎くんは腹を切ったのではないか、と思います。
なんだか、新選組の山南さんを思い出すなぁ。
ドラマでは、長崎奉行所からの追求が亀山社中に及ぶのを恐れて、責任を感じて腹を切ったことになってたけど、やっぱりにせ侍呼ばわりされたことも影響している気もしますね。
それにしても、武士の死に際としては、裏庭なんてさびしいですね。
長次郎くん、切腹できるのは武士だけとか言うけど、そこは武士が腹を切って死ぬところではないよ。

ところで、沢村惣乃丞くんはなんで白袴じゃないの?
船乗り侍が却下されたのがそんなに気にしてんのかな?

さて、龍馬さんにS&Wのリボルバーをプレゼントしていましたが、高杉さん使い方を教えたれよ。
パーカッション式の装弾方法なんて、そう簡単にはわからんよ。
今のリボルバーの形になるのはずっと後。
ましてや、今の薬莢の形式じゃないし。

さて、次回、薩長同盟提携。
でも、龍馬さんの本音はちらりと今回出てました。
暴力では国は何も変わらん、と。
そうだよね、倒幕に走る龍馬さんに違和感を感じていましたもん。
さて、薩長盟約を締結させた後、どうなっていくのでしょう。
もうすぐ第4部.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬伝 (34) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる