FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻(15)

<<   作成日時 : 2006/04/17 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は歴史上の進展はありませんでした。戦国時代は夫唱婦随の時代ではないよ、的な話でした。
私は、そんなことは分かっていたこと何で、今更的な感はありましたが、総集編にすればほとんどカットされそうなエピソードが大好きなんで、結構好きです。
江戸時代は当主に跡継ぎがないといえば大事です。再就職先がほとんど無い時代に会社がつぶれてしまうかもしれないわけですから、家臣も必死です。それに比べて、再就職が当たり前の時代に江戸時代ほど切迫感はないでしょうが、それにしてもあそこまで側室がいらないと言い切る一豊さんもすごいですね。そんな当主を家臣はどう思っていただろうか?

ついでにこりんも押しかけてきた。六平太は 公式サイトに行く末が書いてあるが、こりんは書いていない。でも、どうせ布団の上では死にそうにないね。癖のある役は香川さん、お得意だけど(「利家とまつ」の秀吉は最高です)、今回も絶好調です。しかし、こりんの長澤まさみは微妙なんだよね。でも、演技のうまい女優さんがすると嫌らしいかなぁ、ちょっと。

先日、本能寺の変の収録があったそうで、館さん、和久井さん、坂東さん、ご苦労様でした。まだ放送は先ですが、これまでもなかなか見応えのある演技を見せてくれています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
功名が辻(15) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる