VisualStudioプラグイン開発はマクロで

先日のSeasar Conference以来、VisualStudioでさくさく開発がしたいなぁと個人的に思っていましたが、いざVisualStudioのプラグインを開発しようと思ったとき、どうやって開発すればいいんだ?
たぶん日本語の資料も少ないだろうし、と思っていたところこんな記事を発見です。
つまり、マクロの記録をうまく活用すればよいのです。
まったく、目からうろこです。

ExcelやWordでさんざんマクロの記録を使って、色々なツールを作ってきたのに、まったくそこに気がつきませんでした。
これからちょっとやってみることにします。

しかし、作ったマクロをどうやって配布すればよいのでしょう?
Visual Studioに取り込めばよいのでしょう?
色々と疑問が浮かびます。
これらについては今後も調査続行です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック