篤姫 (19)

ようやく篤姫が大奥に入城です。
ここまで来るのに長かった。
そして、ついに井伊直弼が動き出しました。
ハリスも日本にやってきて、幕末の初期段階の人物が出そろった感が出てきました。
そして、先週から登場した堀田正睦。
先週はなんだかよくわからないまま老中首座になりましたが、開国派の突き上げをかわすために阿部正弘が、開国派と目される堀田を老中首座にして、自分は退きました。しかし、実際には阿部が実権を握ったままです。
なので、家定の前に、二人そろって現れているわけです。
でも、上様の前に出るときの阿部さまのいつも表情は苦悩の表情?なぜ?
しかし、堀田正睦が小物ぶりを発揮してますね。
島津斉彬や阿部正弘、水戸斉昭、伊達宗城、松平春嶽たちの中に入れてもらえないし。
もうちょっと堀田正睦くんもがんばっていると思うけどね。
そういえば、水戸の老公ってこのメンバーに含めてよかったの?
私の印象では、外れてるんだけどなぁ。

そうそう、かくれんぼしている家定、ダッシュで逃げる。
堺さん、毎度のことですがグッジョブです。

それにしても、大奥の女性陣のメイクが白っぽすぎて、なんだか怖いよ。
稲森いずみ、「義経」のときと大違い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック