篤姫 (9)

今回、ついに篤姫と名乗ることになりました。
それにしても、ころころ変わる宮崎あおいの表情。これが高視聴率の素でしょうか?
「純情きらり」の評判がよかったのも彼女の表情のおかげかな。
それよりも、出た。堺雅人さんの山南さんスマイル。
堺さんの徳川家祥も、奇行癖が実は将軍職を継がないといけないプレッシャーからという感じがいいです。
剣術家の山南さんのときと違って、やる気ゼロで肩に全然力が入ってない、というか虚弱演技がよすぎ!

さて、今回は篤姫の教育の回です。
しかし、教育を受ける理由がわからない於一、改め篤姫はやる気ゼロ。
一方、松坂慶子さん演じる幾島には、ついに島津斉彬から、篤姫を将軍御台所に、告げられます。
それにしても、篤姫に薙刀を教える幾島、こと松坂さんはほんとに、こういっちゃ失礼ですが貫禄つきましたね。
型どおりかどうかはどうでもよくって、松坂さんは薙刀をしっかり振り回している。一方の宮崎あおいは体が細いこともあって、薙刀をしっかり扱えてない。
ずいぶん前の話ですが、「江戸を斬る」で紫頭巾役の松坂さん、あの頃は殺陣をやっても、どう見ても刀に振り回されていました。松坂さんは華奢なので腰が入っていなく、仕方がないですけどね。
それに比べて、今日の松坂さん...

次回、ついに篤姫に将軍御台所の話が告げられるようです。
堺さんも出番いっぱいのようです。
楽しみ、楽しみ。

この記事へのコメント

2008年03月02日 21:06
今年の大河ドラマも面白いですね。

この記事へのトラックバック

  • 篤姫/ 女の戦い

    Excerpt: 斉彬が京から呼んだ老女、幾島と、篤姫となった於一の間に火花が散る展開でした。 お互い、まだ理解には程遠いところで、やり合っていますが この二人が仲良くなれるんでしょうか? 最初の印象が悪いと、女性は後.. Weblog: きょう 裏庭をほった racked: 2008-03-06 00:10