S2Dao.NETのストアド対応

S2Dao.NETのストアドプロシージャ対応をするべく、色々と修正をかけています。
現在、DAOインターフェイスのメソッドの引数をINパラメータに、メソッドの戻り値をストアドの戻り値で取得するところまで出来たのですが、.NET1.1でDBからストアドプロシージャのパラメータを取得する方法が分からないので、本家Java版のような複数OUTパラメータには対応できていません。
でも、1.1じゃ、テーブルのようにFillSchemaメソッドで取得できるとか無いんだろうねぇ、きっと。

テスト不足なので、まだSVNには登録していません。もう少しお待ちください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sugimotokazuya
2006年06月15日 00:53
おぉ!トラッキングに登録よろしくです。
Seasar.Windows早く使いたいので、1.2.0リリース後すぐに1.2.1出したいなぁ。。(^^)
2006年06月15日 20:02
この件はもう少ししたら、解決しそうです。いちおう、今週末のリリースが終わったら、順次登録していこうと思ってます。

この記事へのトラックバック