FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 (40)

<<   作成日時 : 2012/10/14 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今回は平家がある意味頂点にたどり着いた回なのでしょう。
後白河院と平清盛、この二人が公式の場で互いが必要であることを認めた訳ですから、これ以上のタッグはないでしょう。
ですが、この回の哀しいところですが、時の権力者同士をつなげるハブ役としては滋子以上の人はおらず、その人が亡くなったわけですから、頂点にたどり着くと同時に転げ落ちていく始まりの回なのかもしれません。
死ぬ直前まで己の仕事をして、突然建春門院滋子は亡くなりました。
死因は二禁、つまり腫れ物。一方、酒好きから糖尿病という説もあり、糖尿が遠因なのかもしれません。
ちょっと、腫れ物と糖尿がひも付きませんが。
滋子の死で、水面下で対立していた平家と後白河院近臣たち、一向に子供が生まれない高倉帝の周囲に不満に思う後白河院が表面に現れてきます。

今回から日宋貿易が始まりました。
同時に貨幣経済も日本で本格化が始まったようです。
ドラマの冒頭のシーンですね。
しかし、この後の治承・寿永の内乱、つまり源平合戦時にいったん中断しますが、その後民間レベルでの貿易が続き、日本に貨幣経済を浸透させていくことになります。

それにしても清盛も58。
64歳で亡くなるわけですから、残り9話でほぼ6年を、しかも怒濤の6年を描くわけですから濃厚なエピが続きそうです。

さて、次回から清盛と後白河院とのバトルが本格化しそうです。
間に挟まれる重盛がかわいそう。。

そういえば、撮影が終わったという回、という話は聞きませんなぁ。
先週末で終わりくらい?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平清盛 第40回「はかなき歌」
今回は、完全に滋子デーとなりました。演出の観点から誰もが分かるほど露骨に滋子が初めから登場し、様々な場面で「私は平家と王家を結びつけるためになくてはならない必要な存在なのよ」オーラを出すと共に自らもそのようなことをおっしゃっており、自他共に滋子という存在がこの時代においてどんだけ大切だったのか明示的に示しています。言葉にして話してしまえば簡単ですが、そのような状況をあえて行動や雰囲気で示して欲しかったところではありますが、おそらく時間がなかったのでしょう。 それ故、滋子が亡くなったときのあっさり... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/10/14 23:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平清盛 (40) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる