FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 (27)

<<   作成日時 : 2012/07/14 16:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここのところ、日曜も休日出勤していたのでブログの更新が全くできていませんでした。再放送を見ながらの更新です。
前回、信西入道を殺して始まった平治の乱。
そして、藤原信頼が朝廷を牛耳るようになりました。
そのおかげで、源義朝は八幡太郎源義家以来の播磨守になり、嫡男頼朝も任官されました。
後にこれのおかげで、周囲が頼朝を貴族扱いしてくれるようになるのですが、今は別の話。
さて、ドラマではその信頼がまったくバカ扱いです。
牽制のためにやってきた清盛の使者、家貞じいさまをすっかり許してしまうし、簡単に言いくるめられて護衛の武士たちに酒を飲ませてしまうし。

そういえば、今頃、源義朝の次男の源朝長がちょい役出てくるのか、驚き。
ま、義朝最後のシーンのためだとは思いますが。

なんとか、京・六波羅に戻ってきた清盛はまずは相手がボロを出すまで待つことにします。
信西殺害後に離脱する源氏もいたため兵力が少ない義朝に対して、畿内から集めた武士で清盛はすでに兵力で勝っていました。
まずはドラマ通り藤原信頼に名簿を提出して臣従するように見せかけます。
実際の信頼と清盛は姻戚関係にあったので、見せかけたのだかそのつもりだったのか私には分かりません。
ドラマ通り義朝には何もできません。
家貞じいさんが三千騎などというものだから東国武士に辟易していた二条帝親政派貴族が動いたようにドラマでは描いておりましたが、ドラマ通りそのまま親政派は密かに清盛と通じようとしていました。
親政派はどうも信頼の独断ぶりに嫌気がさしていたのが事実みたいですが。
信頼も一応二条帝親政派のはずです。

二条帝が六波羅に脱出してくるとドラマ通り平家は官軍です。
兵力で勝る上に御輿も担いだ清盛は内裏に籠もる信頼、義朝を攻めました。
姻戚関係にあった信頼を裏切ることになった清盛ですが、当然彼は帝への忠誠が姻戚関係より勝ります。
ドラマ的には親友である信西の仇もあったでしょう。
清盛はドラマ通り、いったん兵力を下げます。
古今東西、敵の撤退を追撃する時に敵に犠牲を生じさせることができるのが軍事上の常ですから、兵力が少ないこともあり義朝は平家軍を追撃します。
ドラマで見ていると義朝は罠にかかってバカみたいに見えましたが、彼に残された手はほとんど無かったと思います。
ちなみにドラマと違い、信頼も兵を率いて、出撃します。このあたりは史実とドラマとは異なるところです。もっとも、途中で戦意を失い、戦線を離脱してしまいます。
オイオイ、首謀者だろう、って思いますが。このあたりはドラマのイメージと重なりますね。
義朝は六波羅の六条河原に迫りました。
しかし、奮戦むなしく、ドラマでは次々と矢で射殺されていき、義朝は惨敗します。
兵力に劣る義朝は敗北すればリベンジはなく、東国へ逃亡していきます。

当時の戦いは一騎打ち、もしくは騎馬戦、馳射の短距離騎射戦のイメージが強く、ドラマでの六条河原での大量の弓矢を投入した遠距離射撃戦はそのイメージとは異なります。
しかし、楯を並べて作った防御施設の内側から矢を射る戦術は平家物語にたびたび登場するそうで、このシーンの描写はあながち間違いではないようです。
当時の弓では50〜60メートルでの遠距離戦でも正確に射ることはできなかったようですが、数撃てば当たると言われるように大量に投入することはあったと思います。

さて今回、最後の決闘シーンはともかく(笑)、平治物語のエピソード再現ぶりがすごいなぁと思いました。
しかも無理なく入っているし。
二条帝が女装して脱出するのも、平重盛と悪源太義平が激しいバトルしているのも、頼盛が抜丸で斬りまくるのも、平治物語のエピです(史実かどうかは別)。
ただ、残念なのは源頼政。
いまいち、ドラマからはそのパワーが分からない。
実際には保元の乱でも後白河帝方には味方し、ドラマでもありましたが苦戦する義朝を救援したりして、有力な武家なのです。
義朝が河内源氏なら、頼政は摂津源氏の出です。しかも、北面の武士であったこともあり美福門院得子派でもありました。
ドラマでは最後に離脱していきましたが、それでどう変わったのか、分からなかったのが残念でした。

それを差し引いても全然面白かったですね。
次回は義朝の死、平治の乱の戦後処理のようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平清盛 (27) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる