FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 (25)

<<   作成日時 : 2012/06/24 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

必死で政治を立て直そうとする信西。
一方、旧来の貴族中心の政治がしたい、というより自分の思う通りにならぬことに恨みを募らせる藤原信頼。
そこに、信西が権力を握っていっこうに親政が実現できないことに怒っている二条天皇親政派。
これだけでもわかりにくいって言われるのに、それに加えて、何も政治をしないのに後白河上皇が、信西のバックにいるからって重要ポジションにいる。
これらをうまくまとめるのはどうするのだろう、と思いながら見ていた平治の乱の前ステージ。
それが今回でした。
ここのところ父を斬り不忠もの呼ばわりされ弱っていた源義朝の復活とあわせて見事にまとめられていました。
最初は一族を巻き込めないと言っていた義朝も、息子頼朝と平清盛とのエピと初めて清盛と出会った頃のことを思い出したことから復活するところなんて見事でした。

さて、平治物語で無能で後白河帝の寵愛だけで成り上がった貴族と呼ばれていただけにドラマでの信頼もその方向での描かれ方です。
しかし、元木泰雄先生はこれを否定されています。
つまり、実力もある程度備えていたと考えられています。
信頼は、ドラマでは出てきませんが清盛と姻戚関係にもあります。東北の平泉藤原氏と関係もあり、信西も信頼の言うことをまったく否定しているばかりではありません。
まったくの無能者であればそうもいかないと思われます。

ドラマでは、信頼は敵の敵は味方という論法で、二条天皇親政派と手を組みました。
もちろん、これを信頼の裏切りと捉えることもできます。
元木先生は信頼は二条天皇親政派に鞍替えしたのだ、という説を唱えております。
しかし、ドラマ的には敵の敵は味方という考えしか信頼にはなさそうです。

ところで、ドラマでは父を斬ったにもかかわらず義朝は左馬頭という地位でしかないことに不満を持っておりますが、左馬頭という地位は、宮中の軍馬をすべて管理する役職で非常に軍事的な地位です。決して軽い地位ではありません。
昇殿が許されていなかった保元の乱の前の地位から考えると十分な恩賞ではあったのです。

ドラマでは信頼と義朝は初めてあったような描かれ方をされましたが、実際にはドラマでも今や髭切りと呼ばれる先祖伝来の刀を取り戻すため義朝が弟義賢を長男義平に襲わせたとき、義賢の屋敷があったのが武蔵で、その国守が信頼でした。
大きな軍事行動があったにもかかわらず、義朝にとがめがなかったのは信頼が黙認していたからと言われています。
つまりこの頃から両者には関係があったのです。
信頼の軍事背景は義朝であり、平治の乱は二条親政派に鞍替えして乱を主導した信頼に以前からの関係で義朝が加勢したと考えることができると思います。
ドラマ的には、敵の敵は味方の思いつきで信西を除去しようとした信頼と、清盛のライバルに生き甲斐を身いただいた義朝のコラボレーションということでいいんじゃないでしょうか?
それでますます面白くなってきたわけですし。

さて熊野詣に出かけた隙を突いて、挙兵した信頼一派。
さて、平治の乱の始まりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平清盛 第25回「見果てぬ夢」
今回は少しばかり見所が多かったように感じます。というのも生きるのに必死であり、何とか自分の一族の誇りを取り戻し、自分たち中心の世の中にしようとする源氏の思いが強烈に全面に出たからでしょう。そのくらい今回の玉木宏さんの演技は迫真に迫っていたような気がします。 途中までは、信西と清盛を中心とした政治について描かれています。後白河上皇はほとんど登場せず塚地武雅と遊びまくっています。最後にはその藤原信頼に官位を与えてほしいという無茶ぶりまで登場する始末。後白河上皇ってそんな人物だったっけ?と思ってしまう... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/06/24 22:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平清盛 (25) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる