FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 江 姫たちの戦国 (29)

<<   作成日時 : 2011/07/31 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ようやく、江ちゃんが徳川秀忠に嫁いでいきました。
やっとみんなが知っている歴史に突入という感じです。
もう半分すぎているよ。
徳川家に嫁いでいった江ちゃんの長女、完ちゃんは淀殿の娘として育てられることになりましたが、淀殿はきちんとこの子を育て上げ、公家の九条家に嫁に出し、立派な結婚式を挙げさせています。
母のいない不幸どころか幸せな一生を送ったようです。
こんなところを見ると、ヒステリックなイメージを持たれがちな淀殿は、今年の宮沢りえちゃんの演じる淀殿が実像に近いのでは、とか思ったりします。
二年ほど前にやっていた深キョンの淀殿もかっこよくて結構好きなんですが、やっぱあれは虚構の世界の淀殿のイメージって感じが今ではします。

江ちゃんが完ちゃんをおいていかせようと淀殿や石田三成が説得してましたが、男の説得力はないですねぇ。
淀殿が豊臣と徳川の間に戦がおきてもよいようにおいていけというのは説得力がありました。
さすがに二度の落城を経験しているだけあります。
ま、豊臣が滅ぶとは思っていないみたいですが。

また、江ちゃんの結婚という重要事項にもかかわらず全く姿の見せなかった北政所さまでしたが、時代考証担当の小和田先生は、「北政所と淀殿」の中で、(ドラマではあっという間に帰りましたが)人質として上洛してきた秀忠の世話をしていたのが北政所ということから、淀殿と北政所がこの婚儀の動いていたのでは?と考えを述べられています。
十分あり得る話だなと思いますし、一応江ちゃんは養女なんだし、北政所様にも少しは相談あってもいいんじゃないかと思いますよ。

さて、次回まったく?のサブタイトルがついています。
なんだかなぁ、の予告を見ると、やっぱりげんなりしますねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江 -姫たちの戦国- 第29回「最悪の夫」
前回の終わりに秀吉に、秀忠のもとに嫁ぐように言われて頑なに拒む江ですが、今回はそれが現実になっていくまでの様子を描いています。おそらくこの時代にあって、天下人の命令ともいえる言葉を拒むことなどできないとわかっていても、そんな秀吉に従うこと自体許すことができないという思いが一番強い江。 そんな江の説得に再び登場するのが姉の初でした。この方はいったいどのくらい暇なんでしょうか。何かと江や淀のもとにやってきては何かと世話を焼きます。きっと、これは脚本家のこだわりなのでしょう。市が最後に残した言葉の中で... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/07/31 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江 姫たちの戦国 (29) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる