FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 江 姫たちの戦国 (24)

<<   作成日時 : 2011/06/26 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

内容の濃い回になるはずがそうになれない回って感じでしたね。
サル殿の弟の豊臣秀長が死ぬのに、これまで出番を端折ってきたから、サル殿と利休の関係ほど重みがない。
利休よりむしろ秀長大納言の方が重要なんですけど、ドラマ的には利休さまの方ってところでしょうか?
しかし、江ちゃんは恋する乙女状態で全然話にからんで来なくなったなぁ、と思っていたら、朝鮮使節団の公式の場になんでおるんじゃい!
暴走ぶりが少しは収まったかなと思っていたのに。

さて、あんまり才能を示さないまま出番がなくなり、ついにお亡くなりになってしまった豊臣秀長。
兄のサル殿の後ろにいるようでいて、実は戦場でも活躍していたのでした。
賤ヶ岳の戦いでは、柴田勝家が動かないので岐阜を攻撃しようと動いたサル殿でしたが、後ろで勝家からの攻撃を守っていたのは秀長でした。
また、四国攻めではドラマでは秀次が率いていたような描き方でしたが実際には総大将でしたし、九州攻めでも秀吉の主攻に対して助攻を担当して、最終的に島津が降伏時に頼ってきたのは秀長でした。
また、九州攻めの前に、当時奈良は僧兵で有名でしたがこれらを鎮圧するために降伏してきた一揆の大将格を11人、首を切って奈良に晒すなど強攻策もやっています。
しかしながら、北条攻めの翌年豊臣秀長は52歳で亡くなってしまいます、って今回でしたね。
娘しかいなかった秀長の後を継いだのが甥、つまり秀次の弟の秀保でしたが、こちらも二年後に亡くなります。
ほんとにこの豊臣一族って子供がいないんだから。
豊臣家の一族の有能な総務係がこうして亡くなって、権力を持つ有能な人材の少ない豊臣政権はここから傾斜していくことになるのです。

ところで、この豊臣秀長は、一言で言えばいいひと、で扱われてきました。
島津が降伏時に頼ってきたくらいですから、そういう面もあったでしょう。
ですが、そうではない面もあったそうです。
この大河でも、「秀吉」でもそうでしたが、羽柴秀長と呼ばれていた頃から軍資金の調達係として働いてきました。
信長の軍事行動とは、大量兵力による戦線拡大という面から経済活動と不可分な面もあったからです。
いつの世でもそうですが、武将の調達係ともなればその周囲には利権が発生します。
サル殿ももちろん関与していましたが、秀長はいろいろな貸金業者に金を貸し付けバックマージンを受け取っていたそうです。
利休もその資金運用の手伝いをしていたそうです。
秀長の死の二年前に、秀長の部下による紀伊の材木を大坂において高値で売るつけるという事件が発生しました。
もちろんサル殿は激怒し、この部下は処刑されるのですが、それだけ度を超していたと言うことです。
私腹を肥やしていたわけではないですが、かといって豊臣本家の蔵にそっくりそのまま入れていたわけでもないでしょう。
なので、石田三成の懸念もあながち外れでもなかったようです。

問題なのは、秀長のやり口を見ていた甥の秀次です。
叔父の秀長と同じ貸し付けをやっていたのです。
朝鮮の役で懐事情が苦しい大名に貸し付けていたのですが、本人は慈善事業のつもりでよかれと思い貸したのかもしれませんが、秀長の時と同様にサル殿を激怒させてしまったのです。
秀次の死は、秀長のつけが回ってきたのかもしれないのです。
もっともこの大河ではそういう描き方はないでしょうが。

さて、次回利休と鶴丸の死というところですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江 -姫たちの戦国- 第24回「利休切腹」
歴史上重要だと思う場面が次々とナレーションを含めて1分程度で処理されていくのが、どうしても悲しい気がします。例えば、北条家を攻め滅ぼした後の論功行賞で家康に対して、国替えを強要した秀吉と家康の駆け引きや心情がわからないまま終了してしまったり、朝鮮出兵を思い至るプロセスや朝鮮の通信使との駆け引きなどもないまま、お笑いを誘いつつそのまま終了してしまう場面。 こういう江をとりまく重要な環境変化に対して、もう少し描写を多くしてほしかったと思います。そういう場面を削除せざるを得ないほど主人公である江の登場... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/06/26 21:34
利久切腹 
今夜の大河ドラマ ? 江?姫たちの戦国、今夜の見所はやはり 利久の切腹ですか。 ? それとも秀勝に(淡い恋心を抱く)江との別れの場面 でしょうか。 ? 何度も大河ドラマでは見ている 朝鮮出兵、これは秀吉の、夢物語なのか それとも、中国を支配化におけると思っていたのか その部分はわかりませんが、日本と中国古い昔からの 因縁が有るようです。 ? 【送料無料】江(上)新装版価格:893円(税込、送料別) ? 今夜も後1時間で始まります 今後の展開を期待しながら 見ましょうね。 ...続きを見る
日々気になっている事
2011/06/30 21:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江 姫たちの戦国 (24) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる