FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 江 姫たちの戦国 (5)

<<   作成日時 : 2011/02/06 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

早くも本能寺の変です。
しかし、前半は明智光秀が本能寺の変を起こすまでになっていたので、実際には後半が本能寺の変でした。
このシーン、トヨエツの血のりがどうこうとか報じられていましたが、別に特段かわりはなく、衝撃度とかだったら「翔ぶが如く」のときの寺田屋事件の方がすごかった印象があります。
本能寺ですが、最近の発掘調査の影響か、ちょっと立て篭ることができるように見えました。
しかし、それを生かしたシーンではなかったのが残念。

さて、今回の大河における光秀が本能寺の変を起こした理由なのですが、光秀側から見れば信長の仕打ちに耐えられん、その上に京はがら空きなんで絶好のチャンス、ってわけですね。
前回、領地召し上げなんてないし、とか言ってたのに、今回出てきました。
しかし、実際にそんなことがあったとされる資料も信用に値される資料ではないし、しかもなぜに出雲・岩見?ってところですね。
一方、信長は、ワシに万一あれば任せることができるのは光秀、と言いながらどう見てもパワハラですね。
それじゃ誰も意図が通じませんって。
しかしこれも史実じゃないみたい。
佐久間信盛への折檻状を始め、信長が光秀を買っていた証拠はいろいろあります。
この大河でも、京ががら空きではなかったら光秀は謀反を起こしていなかったような描写ですし、やっぱり絶好のチャンスと見た光秀がやっちまったというところではないか、と私は思っています。
ただ、この裏切りを知っていたのは明智光秀本人と、全然出てこない甥の秀満、今回出てきた斉藤利三ぐらいらしいのですが、今の時代じゃあるまいし情報を聞いて突然というのではなく、ある程度前から、しかも成算がかなりあって、タイミングをずっと待っていたのかもしれません。
ただそのタイミングがあまりに急に現れたということなのかもしれません。
ところで、千利休さん、心持ちと言いながら煽ってますよ、どう見ても。

今回のお江ちゃんはニュータイプでしたね。
しかも信長までニュータイプで、残留思念まで送っちゃうし。
それにしても、まさか徳川家康の逃避行にお江ちゃんがついていくとは、そんな無茶すぎます。
予告を見ると捕まって光秀と話をしているし、どういう経緯でそうなるのかわかりませんがさすがに何じゃそりゃです。

次回は、信長に続いて光秀も退場でしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江 -姫たちの戦国- 第5回「本能寺の変」
歴史上この事件を知らない人はいないのではないかと思えるほどメジャーな本能寺の変が今回登場します。教科書の中だけでなく様々なドラマでこの場面を演じてきた役者がいますが、彼らに共通しているのは以下の3点。 ・最期は美青年である森蘭丸を引き連れていること ・矢で応戦するもやられて寺の奥へと引き下がること ・人間50年・・・という歌を歌うこと ご多分に漏れず今回の豊川悦司も同じようにしっかりと演じていました。ただし、今までにない場面が1箇所だけありました。それは亡くなる間際に江の思念体が登場し、なぜか冷... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/02/06 22:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江 姫たちの戦国 (5) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる