FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・パシフィック (10)

<<   作成日時 : 2010/09/20 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

ついに最終回です。
戦後ロバート・レッキーやユージーン・スレッジたちがどう新たな一歩を踏み出すのかがドラマの内容でした。
ユージーンが最後にPTSDから立ち直るところで終わるのかとおもいきや、その手前でドラマは終わりました。
ちょっとがっかり。
しかし、最後に登場した兵士たちの戦後を教えてくれてうれしかったですね。
ユージーンや、ロバート・レッキーは原作になっているのでわかるのですが、他の人まで紹介してくれるとは、うれしかったですね。
特に、スナフが戦後、ユージーン・スレッジが本を出版するまで誰とも一切連絡をとらなかったのが印象が大きいですね。
でも、スレッジはしっかりスナフの棺を担いだというから、つきあいがあったのは人生の中の数年でしかなくても、苦労を分かち合ったというのはそれだけ大きいのでしょうね。
他にも町の中にバジロン軍曹の名前をつけたり、とか古今東西するのは一緒ですね。
しかし、もっとも驚いたのは、ドラマの中ではフローレンスというオーストリラリア娘が迎えに来るはずが来ていなかったバーギンくんです。
なんだ、ダメだったんだと思ってたら、追っかけて結婚してるじゃないですか。
これにはかなり驚きました。
実際、そんなの無いだろうと思っていましたので(レッキーもオーストリラリアには行かなかったし)。

さて、今回は終戦を迎えてしまったので、戦いはなく、解説するようなものはありませんので、ブログで書くにあたり参考にした本を少し紹介です。
ドラマの前半である、第1〜4話までの参考にしたのが

ユーザレビュー:
付録だけでも読む価値 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 決定版 太平洋戦争5消耗戦~ソロモン・東部ニューギニアの戦い (歴史群像シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


です。
他にも、過去の歴史群像も参考にしています。

第5〜7話のペリリュー戦は歴史群像でした。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 歴史群像 2009年 08月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ペリリュー攻防戦の最初から最後までを解説してくれています。

第8〜9話の硫黄島、沖縄戦ですが、沖縄戦も結構本が出ていますし、クリント・イーストウッドの映画「硫黄島からの手紙」や「父親たちの星条旗」のおかげで、色々と本が出ていますが、手っ取り早く知るにはこれです。

ユーザレビュー:
硫黄島・沖縄・本土爆 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 決定版 太平洋戦争G「一億総特攻」〜「本土決戦」への道 (歴史群像シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


このシリーズ、手っ取り早く太平洋戦争の全体像を知るには良いシリーズだと思います。
所々、歴史群像の過去記事を加工しただけというところもありますが、過去の歴史群像の記事を集めるのも大変なので、こういうシリーズでまとめ読みするのも良いのでは。

続きます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎回、解説を加えてくれて有り難う御座いました。
一話から最終回までご苦労様であります。
とても参考になりました。
ドラマでは表現しきれない部分までとても解り易かったです。
とくにガダルカナル戦は参考になりました。
さて・・・
「パシフィック」の私の感想としましては非常に残念なドラマでした。
「バンド・オブ・ブラザーズ」の太平洋版の様な物と思いきや、
戦闘シーン(少なすぎ)や仲間との絆の様な物が旨く表現しきれていませんでしたね・・・
「パシフィック」の為にwowowに入った人が可愛そうです。
又、「バンド・オブ・ブラザーズ」も「パシフィック」の演出に似ているのかな
と思われそうで非常に残念です。
「バンド・オブ・ブラザーズ」が非常に良い作品だったので、思わず愚痴らずにはいられませんでした。
スピルバーグとトムハンクスにはもう一度、全て撮影し直してもらいたいくらいです(笑)
愚痴愚痴と申し訳御座いません。
只、皆さんもそう思われているのではないでしょうか??
ドラマよりもこちらのブログの解説のほうが面白みを見出せた部分多々あり・・・
又、戦争映画、もしくはドラマで良い作品が出ましたら解説宜しくです!!
特に第二次世界大戦物で良作を待つ・・・・
一等兵
2010/09/21 23:02
コメントいただき、また最後まで読んでいただきありがとうございます。
返事が遅くなってすいません。

個人的には「バンドオブブラザーズ」に比べて「ザ・パシフィック」が戦争の負の側面を強調した作りなので、ご感想通りの結果になったのかなぁと思います。
冬のロシアのドイツ軍なんて悲惨きわまりないですが、私の個人的なイメージでは、ヨーロッパ戦線よりやはり
太平洋戦線の方が、ベトナム戦争を含め、劣悪な環境に兵士たちが置かれていたイメージがあります。
そういう意味では予想を裏切らない展開だったと私は思いますが、確かにドラマ的面白さはまた別にありますよね。
なかなか色々なことを並立させていくのは難しいと言うことですね。
fujiih
2010/09/27 00:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ザ・パシフィック (10) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる