FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝 (32)

<<   作成日時 : 2010/08/08 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、西郷さんが下関に来なかったので、桂さんからは信用を失うし、踏んだり蹴ったりで終わりました。
が、龍馬さんはもちろんそんなことであきらめるような人ではなく、中岡慎太郎と一緒に京へ向かいます。
西郷さんからは居留守を使われてしまいます。
そこで再度連絡をまつべく寺田屋で待つことにしたわけですが、行ってみるとなんと新選組の近藤局長がお龍さんに酒の相手をさせていたところでした!

1865年6月といえば、先月に新選組は江戸で土方副長が新たに募集して帰ってきたところです。
鬼の副長がいない間に、お龍さんに手をつけようと考えていたのかな。
それにしても、新選組も大所帯になって、局長も大忙しのはず。
でもこの局長は、管理仕事はトシに押しつけて、せっせと寺田屋に入り浸っていたのかい。
そんなことしてるから、酒が入っていたとはいえ、龍馬さんにあっさりKOされてしまうんですよ。
局長、これでも天然理心流の四代目なんですけどねぇ。

そんなところに、先日のお佐那ちゃんに続いて、千葉重太郎先生も再登場。
相変わらず、熱いお方です。
江戸に戻るなんて無理な頼みもしますが、できるわけもなく。
うん?
明治のお佐那ちゃんは、分かれてからの龍馬さんのことをほとんど知らなかったから、重太郎さん、京都の出来事をお佐那ちゃんになんて言ったんだ!?
なんだか、「会えなかった。すまぬ。」で済ましてそう。

さて、龍馬さん&千葉重太郎先生V.S.近藤局長が勃発。
しかし、近藤局長、千葉重太郎先生の事を知らず。
いちおう、近藤局長、江戸では試衛館の道場主なんですけどねぇ。
もう少しで天然理心流と北辰一刀流の斬り合いが見られるかと思ったのですが、残念ながらお龍さんが割り込んできて、あえなく中断。
しかし、お龍さんのその態度で、重太郎さんひとり、とどめの一撃でした。

再び、龍馬さんと中岡慎太郎は西郷さんに呼び出され、西郷さんは下関へ行かなかった事を詫びます。
その理由が、船内に隠密がいたことって、やっぱりか!
どうも京都での第二次長州征伐の幕府対応が事実のようですが、理由としては無理がありますねぇ。
しかし、長州征伐に参加したくない西郷さんとしても、結局龍馬さんの提案を受け入れます。
というか、西郷さんの一存だけではなく、事実上のボス、藩主後見役の島津久光公が豚一公こと一橋慶喜公との対立していることがあるからです。
久光公は兄の斉彬公の理想である公武合体と雄藩連合を実現しようと努力していましたが、雄藩連合を格好だけ実行しようとする慶喜公に失望していきます。
しかしながら、この時点ではまだそこまではいっておらず、いくら西郷さんが幕府との戦争を覚悟したとしても、あくまで雄藩連合を実現するためのものというのが薩摩の藩論でした。
しかも、後の薩長盟約の内容もそうですが、幕府そのものを排除するのではなく、長州征伐を主導している(と薩摩が思っていた)一会桑の影響力を減らすものではあったはずです。

さて、次回は、亀山社中の初仕事ですね。
いきなり大仕事です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬伝 (32) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる