FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝 (31)

<<   作成日時 : 2010/08/01 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いきなり、オープニング、定番ギャグからスタートですか?
ついに亀山社中が発足です。
しかし、長崎居残りの亀山社中の面々、口が軽すぎるぞ。
やっぱり、こいつらに酒を飲ましたらいかん(w

さて、三条実美公と太宰府で面会した龍馬さんと陸奥くんですが、なぜ三条実美公が九州の太宰府にいたのかというと、第一次長州征伐の結果、長州にもいることができなくなったからです。
幽閉状態にあったわけです。
そのため、陸奥くんの駄法螺にも喜んでいたんですね、違うか(w
この後、紆余曲折あって、実美公も京へ戻れるどころか、戊辰戦争時には再度江戸へ向かうことになります。

その三条公の手紙も、西郷さんがこなけりゃ、まったく無意味に終わってしまいます。
その来ないきっかけは下関へ向かう幕府の密偵(隠密って)を発見してしまったことなんでしょうかね。
ところで、逃げた一人ってどうやって逃げたのでしょう?

しかし、後藤象二郎と弥太郎ペア、最後まで因縁ある関係とは言え、ますますお笑いキャラ街道、爆走中です。
ま、後藤象二郎が商売を始めようという気を起こさなければ、後の海援隊もなかったのかもしれません。

ところで、このドラマの小松帯刀くんってなんだかずいぶん弱気ですよね。
この人が決めなければ、薩摩の藩論って動かないって思うのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬伝 (31) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる