FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 天地人 (39)

<<   作成日時 : 2009/09/27 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

石田三成が今回で処刑され、関ヶ原の戦いは本当に終わりました。
今回は、三成の思いを周囲の人がくみ取っていく。そんな回でした。
さすがに、演技派の面々が揃っている(あ、約一名そんな風に呼ばれてない方もいたね)だけあって、見応えがありました。
しかし、後世に名高い上杉の撤退戦が一瞬で終わったのは悲しかった。
一般に撤退するときが一番難しいといわれ、実際、古今東西多くの戦いが撤退戦で追撃を受けて死傷者を多く出しています。
長篠の戦いも、鉄砲の撃ち合いがあったときよりもその後の甲斐へ逃げるときに多くがやられています。
この撤退戦によって、家康や敵の最上からも兼続くんは評価されるんですがね。
今後、そんなの出てこないんだろうね、きっと。

ドラマとしては見応えがありましたが、もっとも、今回のエピソードが史実かどうかは別ですね。
実際、三成は後世に我らの正義を残せ、と言い、兼続くんもそういってますが、実際に現存するどれのこと、何のことを指しているのでしょう?
しかし、今回は史実かどうかは気にはならない回でした。
でも、愛は心の中にあるもんだし、いいじゃないですか。

と、なんとなく許せてしまった回でした。

気になるのは初音さん。なんとなくこのままフェードアウトしそうな後ろ姿を残して去っていきましたが。
真田関連でまた出てくるのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天地人 第39回「三成の遺言」
石田三成は、様々な無念を抱きながらも六条河原で斬首されてしまいます。正義とは何なのかを改めて考えさせられてしまいます。正義は我にありという石田三成は、家康の天下は長く続けられるわけがないと厳しく批判します。ところが、歴史はそれとは反対の事実を示しています。 ...続きを見る
あしたまにあーな
2009/09/27 22:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天地人 (39) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる