FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 篤姫 (49)

<<   作成日時 : 2008/12/08 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついに天璋院様も江戸城を退去しました。
これで大奥も解体ですね。
今回のドラマ内日付が4/11前後、「新選組!」もこのあたりでちょうど最終回ですね。
大奥の面々も一人また一人と去っていきました。
徳川宗家もこれまた一瞬で駿府藩となって70万石を与えられ、駿府へ移っていきます。
一橋家に移った天璋院様も大変苦労されたでしょうが、駿府に移った家臣たちも大変な苦労をしたそうです。
なんせ八百万石とも言われた領地がわずか70万石しかなくなったのに、三万人いた家臣の半分が駿府に移ったそうです。
そりゃ藩も給料も払えず貧乏もします。下記の本に詳しいです。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



その貧乏から救うために静岡茶の開墾が始まりました。それを助言したのが勝海舟と言われています。
しかし、最近読んでいる本では、まだ幕府があったころ当時海防掛だった大久保一翁が勝先生をつれて江戸から大坂まで各地の海岸を視察をしたそうです。もちろん、駿府も視察しているわけです。
お茶のアイデアは勝先生が助言しているようですが、このアイデアの出所は実は大久保一翁なのでは?と思ったのですが、実際のところはどうだったのでしょうか?気になります。
この大久保一翁、勝先生を出世させ、江戸城無血開城の立役者の一人なのに、いつも勝先生に集約されてしまっていてドラマに出ることはなく、残念です。

それにしても、今回は周囲の人が去っていき寂しそうな天璋院様です。
それにあわせて最終回前なのにドラマも湿りがちです。去年の「風林火山」の最終回前は川中島の戦い前編で、今年と大違いです。
やっぱり最終回前の回とは思えないなぁ。

で、次回でついに最終回。70分拡大だそうで、出来ることなら明治ライフを楽しんでる明るい天璋院様をみたいものです。
他局の「日本史サスペンス劇場」はあまり好きじゃないけど、その中での明治期の天璋院様は、前回の家定さまの夢の中のセリフそのままに前向きに生きていて、結構好感を持てました。
そんな篤姫さまを最後に見たいですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篤姫 (49) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる