FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 篤姫 (33)

<<   作成日時 : 2008/08/17 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日から和宮さんが登場です。
それにしても、堀北真希のメイクとヘアスタイルに違和感ありまくり、ですね。
ま、時代劇によく出ている若村麻由美さんでも、御所のヘアスタイルにすると違和感を感じるので、仕方がないですね。
御所の人が出てくるって大河を除いてなかなかないので、見慣れていないというのもあるでしょう。
それにしても、和宮さんの眉をえらく太くしてますけど、なにかあるのでしょうか?

さて、岩倉具視も登場しました。
この人も、井伊直弼と同様に、攘夷なんて方便で朝廷中心の政治に戻す、つまり権力を握りたい人に思えます。
そのためには脅しなんて当たり前のイメージです。「新選組!」のときはそんな感じでしたね。
そういう意味では鶴太郎さんの岩倉具視も期待してます。
ついでに、和宮さんの婚約者だった有栖川宮 熾仁親王も登場しました。ここでこうも登場するシーンがあると思っていませんでしたが、彼は後に戊辰戦争で東征軍を指揮することになり、和宮さんと敵対することになります。
皮肉な運命ですね。
しかし、この件が有栖川宮を過激な討幕派にさせる一因にもなったとも思えます。
でも、東儀孝明天皇に笛を吹かせるのは、どうかな。

前回登場の桜田門外の変の首謀者の一人である有村次左衛門の兄の雄助に詰腹を切らせて、それを代償にして大久保さんが久光公にようやく謁見です。見方を変えればそうなりますよね。
大久保さんならやりそうな気がするのは私だけでしょうか?
このドラマでの大久保さんって、特に西郷さんの従者として出張に出て行って以後、表にたたずに裏で小松帯刀君と一緒に事を進めていく感じがすごくしますね。いつも、精忠組の面々が座っている輪から外れて座っているし。
そういえば、小松帯刀君の前で切腹させたというか、死なせたのは今回が初めて、だったと思います。
ともあれ、大久保さんが久光公に、江戸へ出兵することを進言します。これが後の寺田屋事件、生麦事件、そして公武合体の推進へとつながっていくことになります。
ところで、あの時点で和宮さんの降嫁って薩摩の一分家まで知られるほど広く伝わっていたのでしょうか?

なお、ドラマの中で桜田門外の変以降、幕府の威信は地に落ちたと言ってましたが、それを証拠にこの頃は要人の暗殺が続いていました。
例えば、いつぞや出てきた(かな?)ハリスの通訳ヒュースケンの暗殺です。
全然ドラマでは、描いていませんね。

次回予告を見ると、次で坂下門外の変のようですね。
ということは、次々回で寺田屋事件ですか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篤姫 (33) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる