FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 独眼竜政宗 (8)

<<   作成日時 : 2008/03/12 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回からついに渡辺謙登場!
やっぱり、さっそく吠えてるし。このドラマ吠える人多いのに、その人たちの上をいく吠え方ですよ。
そして、眼球むき出しで、まるで普段は細めなのに時々目をむく横山光輝キャラのよう。
渡辺謙の登場はやっぱり、ラスト近くだけど、それより先に登場したのが勝新 秀吉。
今なら慣れているからいいけど、当時はなんて違和感のある秀吉だと思った記憶があります。
八千草薫さん演ずるねねもいい感じです。というか、八千草さんモードのねねです。
しかし、北政所をねねという言い方が時代を感じさせます。最近では歴史調査が進んで酒井法子・おね(「利家とまつ」)に代表されるように、おねと呼ばれることの方が多いですね。例外が原作を尊重した浅野ゆう子・ねね(「功名が辻」)ですね。
内容はともかく、役者がすごい回でした。

当然、今回で子役が退場です。
これで愛姫役の後藤久美子も退場です。残念ですがこれで見納めです。
実に初々しい演技してました。
記憶にあるよりぽっちゃりしてたけど、十分にかわいかった。今も子持ちと思えんきれいな人だけど。
当時の番組で今の「スタジオパークからこんにちは」みたいな番組で、跡を継ぐ桜田淳子が「こんなかわいい子の後をやっていいのかしら」とかなんとか、言ってた記憶がありますが、ほんまそうですな。こらぁ>オレ。
でもよく聞いていると、後藤久美子・愛姫が「嫁いできて5年」と言って、桜田淳子・愛姫が「16歳」って。
愛姫は11歳で嫁いできているので、同じ歳でチェンジしたのかぁ!

最近の大河は主人公の子役時代が短い。
今年の「篤姫」も初回で宮崎あおいに代わったし、去年の「風林火山」や「新選組!」はやってどうするだし。
「義経」は最近の大河の中では比較的長かったかな。
私は主人公の子役時代がもうちょっと長い方が実は好きです。

今回は、政宗を支持派と支持しない派に分裂しそうな家中をまとめるために伊達輝宗が家督を政宗に譲る話でした。
時代は小牧・長久手の戦いの頃です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
独眼竜政宗 (8) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる