FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ローマ (8) クレオパトラ

<<   作成日時 : 2007/08/05 19:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついにクレオパトラ登場です。
クレオパトラの声を当てているのは、エマさんこと岡本麻弥さん。もうベテランなのにこの人の声って変わらんなぁ。
さて、クレオパトラのイメージって、長髪を巻き毛にして結っているという感じが一般的だと思いますが、髪はショートカットで登場。
えぇ?って思ったけど、巻き毛が王家の被り物なら、ショートカットじゃないと被れんわな、そりゃ。
今回はR-15指定。当然で、セックスにさらし首のシーンいっぱい。

今回はクレオパトラとプトレマイオス13世との内戦にカエサルが介入。そのあたりの展開はうまくまとめていますね。NHKの大河も見習ってほしいけど、大河は一話の時間が短いか、主役の一生にこだわり過ぎで、一つのエピソードが大味になりがちなんだよね。
もちろん、クレオパトラの有名なじゅうたんに包まれてカエサルの前に登場、の有名なエピソードもあります。

しかし、クレオパトラらしいなぁ、と思ったのはそこじゃないです。
カエサルを落とす、つまり子を為さなければプトレマイオス朝もなにも無いことを理解している(うむうむ)クレオパトラが、カエサルに会う前に、生理で確実に妊娠できそうな時期に来ているうちにプッロ(狂言回し役の架空人物のローマ兵)とセックスしておくところ。
当時にそんな知識ってあったんかいな、って突っ込みはさておいて、きちんと政治感覚があるように描いている点が感心しました。

カエサルのエジプト戦役は、投石などあるので期待したけど、戦闘シーンなしに、あっさり終了。
原題がCaesarionだもん。そりゃ、やってたら尺が足りんわな。
原題どおり、クレオパトラの子供カエサリオン誕生で、今回は終了。
この子ってやっぱプッロの子?
なお、プトレマイオス13世がきちんと溺死していたのも良いですね。

なお、ロンギヌスって後のカエサル暗殺団の一人だけど、登場しないで、名前だけ。登場するのかな?
そういえば、前回アフリカに逃れた小カトーやスキピオとの戦いってきちんとやるんだろうか?
あっさりスルーされそうな気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローマ (8) クレオパトラ FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる