FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ROME[ローマ] (11) 第十三軍団の栄光

<<   作成日時 : 2007/08/25 15:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

録画したまま一週間過ぎてしまいました。仕事が忙しくて、見る暇なし。
やっと見る。
この回は珍しく話が進まない。
でも、たった一シーンで片付けられてしまいましたが、ユリウス暦が導入されました。
今の日本も含めて、世界中で使われているグレゴリオ暦の基礎で、太陽暦の一種です。
この時代に導入されたのですね。

さて、恋に破れて暗殺者になってしまったプッロが剣闘士刑に処されます。そんな刑罰があったんですね。
このシーンは確かにR15指定ですな。
しかし、関節じゃないところから手足を切り落としたり、首筋から内臓まで剣を刺し込んだり、この当時の刀剣って、そんなに切れ味よいのかい?

一方、カエサルはブルートゥスにマケドニア行きを命じて、逆にブルートゥスについに危機感を感じさせてしまい、ついに反カエサル派に走らせることになります。
しかし、このドラマの中でもそうですが、反カエサル派には共和制を守るということ以外にビジョンが見えません。
あえて言うなら共和制の理想を打ち破るカエサルは悪で、悪は滅ぼさなければならない。
ま、そんな単純じゃないですけど。
共和制を信じている人には、共和制の理念の問題ではなく、当時のローマが陥っている閉塞感を感じていないのかもしれません。
ブッロのような退役兵を社会に吸収できない時代であり、それが社会不安となって現れてしまいます。
でも、それは後世の意見でもあり、結果滅亡してしまった方が悪だと感じてしまうからかもしれませんが。

で、次回「カエサル暗殺」。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ROME[ローマ] (11) 第十三軍団の栄光 FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる