FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ローマ (7) ポンペイウスの最後

<<   作成日時 : 2007/08/05 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

WOWOWで放送中の「ローマ」。
これが面白い。
やっぱ大河ドラマは歴史もんですね。
結構史実に忠実なのが良いです。もちろん、尺の都合があるので、細かい戦いなど省略している部分もあります。でも、ルビコン川をあっさりと渡河してしまったときはシクシク。
このドラマは、NHKの大河と違って、R15指定の回がばんばんあるのが難点。セックスシーン、残酷シーンなど満載。奴隷の見ている前でのセックスって、考えれば当然なんですが、初めて見たときはビックリ。
今回は、ついにカエサルとポンペイウスとの決戦、ファルサロスの戦いです。

ところが、ファルサロスの戦いがあっさり済んでしまい、ハァ?って感じ。NHKの大河でもそれなりに描くのに、と思っていました。
そりゃそうで、今回はポンペイウスが死ぬまでをやらないといけないので、残念ながらカットされたのかなぁと思っていたら、最後にポンペイウスが解説してくれました。

ポンペイウス側の左翼騎兵がカエサル側右翼に突っ込んだが、カエサル側右翼が撃退。さらに追撃をかけて、ポンペイウス側左翼が潰走。それにポンペイウス側全軍が引きずられて、全軍の潰走になったような説明でした。
2002年の歴史群像の記事では、この説明に加えて、カエサル右翼がポンペイウス側左翼を撃退したとき、予備に控置していた第3列を投入し、疲弊したポンペイウス軍にとどめをさしたとのことです。

で、ポンペイウスの最後は、ドラマなんで史実とは違う描き方をするのかなと思っていたら、これがなかなか。
「ルビコン」という本によると、エジプトにたどりついたポンペイウスは妻子を船に残して小船で上陸したところを、味方であるはずのプトレマイオスの兵に滅多突きにされて、最後に首を刎ねられたそうです。
「ローマ」では上陸したところを昔の部下に刺されて、首を刎ねられました。もちろん、刎ねられる直前でパンするなんてことなく、遠景ショットで刎ねてます。
NHKの大河では絶対ここまでやらんで。

次回はついにクレオパトラ登場。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローマ (7) ポンペイウスの最後 FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる