FujiiHの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻(32)

<<   作成日時 : 2006/08/14 02:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここのところ、大河か映画しか書いていなくて、技術ネタが書けてません。
それもこれも仕事が忙しいから、なんですが、今日も結局、これです。
さて、今回で家康攻略話の最後。
ま、いまさら解説の必要のない妹およびおっかぁを人質にして家康懐柔作戦の話と、家康が上洛したときの拝謁前夜のエピソードです。
この拝謁前夜の突然の、うそかまことか秀吉の家康訪問ですが、過去の大河でも、何度でも描かれてきたエピソードですね。
実際、あんなことされたら家康もそうとうびびるでしょう。つうかかなり悩むでしょうね。
バカととるか、器が大きいと捉えるか。
加えて、家康は拝謁のときに秀吉の肝を冷やすようなことをしましたが、あんなことは秀吉存命中はもうしませんでした。
なぜなら、家康は秀吉に対し、こりゃかなわんなぁ、と思っていたらしいからです(秀吉も信長にかなわんなぁと思っていた。その証拠に秀吉の政策のほとんどが信長の構想が元になっています)。

ちなみに、これから描かれるかどうかわかりませんが、旭姫はこれから4年後、おっかぁこと大政所も6年後に京都で死去します。大政所の死は色々と影響が出そうなので描くでしょうけど。

そういえば、蜂須賀小六がお亡くなりになりましたね。

それにしても、高田総統の本多平八忠勝に、篠井さんの赤備えの井伊直政ですか?
なんだかなぁ。
今回では権六勝家を演じていた勝野さんが、確か「葵 徳川三代」で井伊直政を演じていたと記憶していますが、そのときの方が直政らしかったと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
功名が辻(32) FujiiHの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる